看護師の転職時の志望動機・履歴書の書き方

MENU

看護師の転職時の志望動機・履歴書の書き方

看護師転職をする上で必須になるのが履歴書ですが、その中のひとつの項目に志望動機の欄があります。

 

なぜ志望をしたのかという理由を伝えるための役割があり、応募者の考えを採用担当者に知ってもらうために必要不可欠です。

 

熱意を伝えるための情報でもあるため、いかにして中身のある志望動機に仕上げるかによって、相手からの印象も大きく左右されるでしょう。

 

伝わる内容に仕上げるためのポイントがありますが、まず、その募集先でなければいけない理由を織り込むことです。

 

病院や個人クリニック、企業など、様々な場所で看護師として働くことができますが、それらの中から応募先を選び出した理由があるはずです。

 

そして採用担当者は、なぜ他ではなく自院なり自社なりを選んだのかを知りたがっています。

 

知りたいことに対して、応募者は答えを用意して臨むことが大切ですので、そこでなければいけない理由をきちんと伝えられるようにしておく必要があるのです。

 

もし選んだ理由を曖昧にすると、他のところでも良いのではないかと感じさせてしまう上、熱意がないと判断されやすくなりますので注意しましょう。

 

今後何をしていきたいのか、という考えをしっかりと織り込んでいくのもポイントのひとつです。

 

志望動機を作成する際、なぜその施設や企業を選んだのかという理由を明確にすることが大事ですが、それだけの内容で終わってしまうのも良くないのです。

 

応募してきた理由は伝わりますので十分に感じるかもしれないものの、より伝わる志望動機にするためには、もう一歩踏み込まなければいけません。

 

そこで大事になってくるのが、何をしたくて志望するのかというその理由です。

 

実現したいことや目指すことなど、これからの働き方や将来の展望などを伝えることで、採用担当者にもより熱意を感じてもらいやすくなります。

 

それによってやる気のある人材と判断されやすく、看護師不足の昨今、強い気持ちを持って応募してくれる人は貴重ですので、採用への意欲も高められるはずです。

 

このように伝えるべき内容を踏まえながら考えてみることで、良い印象を勝ち取りやすくなり、ひいては採用のチャンスもアップさせることができるでしょう。

 

しかしながら他にも気を配りたいこともあるのです。それは応募先についての研究をしっかりと行っておくことです。

 

例えば、実現したいことや将来の展望があるにしても、そもそも応募先がその考えにマッチするところでなければ、アピールも効果的に行えません。

 

それどころか、募集側からすると、自院や自社のことを十分に研究していないと判断するものであり、リサーチ不足が露呈すれば印象が悪くなるのは言うまでありません。

 

しっかりとリサーチをした上で応募をするのが、看護師に限らず転職をする際のマナーでもありますので、事前準備を万端にしておくことが大切です。

 

その上で自分の考えや気持ちを伝えていくことでこそ、本当に伝わる志望動機となってくれることでしょう。