今後活躍する機会が増えていく訪問看護師

MENU

今後活躍する機会が増えていく訪問看護師

 

多くの看護師は、病院にて働いています。現に大病院やクリニックに行ってみれば、多くの看護師が勤務しているでしょう。

 

ところで看護師として働いている方は、たまに訪問対応している事があります。

 

病院ではなく、患者の自宅に訪問している看護師も少なくありません。

 

というのも患者によっては、移動するのは少々難しいケースがあります。

 

歩行するのも難しく、なかなか通院できないケースもあるでしょう。

 

ですから看護師が自宅に訪問して、看護業務を行うこともあるのです。

 

いわゆる訪問看護です。

 

専門的な訓練を受けた看護師が、訪問対応しているケースも多いです。

 

訪問看護は在宅ケアサービスとして、病気や障がいのある赤ちゃんからお年寄りまで一人一人に対して必要な支援サービスが行えます。

 

ところで訪問看護は、将来性に関する特長があります。

 

今後は、訪問看護のニーズは高まっていくと見込まれているからです。

 

というのも現在の日本は、高齢化が進んでいます。

 

そもそも上述のような訪問看護というサービスを利用するのは、たいてい高齢者なのです。

 

年齢が高まってくると、自力で移動するのも少々困難ですし、訪問看護のナースが対応をしているケースも多々あります。

 

その高齢者の方々は、今後はどんどん増えていくと見込まれているのです。

 

必然的に訪問看護のナースに対する需要も増えていくと想定されるので、将来的には活躍の出番が増えると見込まれています。

 

訪問看護サービスの内容

実際に訪問看護は看護師が利用者の居宅を訪問し、主治医との連携、指示の下に行います。

 

利用者が自宅で最後まで暮らせるように、場合によっては理学療法士・作業療法士・言語聴覚士等と協働しながら、療養生活を支援するのです。

 

訪問看護では、 体温、血圧、脈拍、呼吸等健康のチェックのほか利用者にもよりますが、インシュリンの注射、カテーテルの交換、点滴、血糖値の測定などさまざまな医療処置を行います。

 

利用者が幅広い疾患を抱えているので、内科系、精神科疾患、がんのターミナルケア、脳神経・整形外科のリハビリの他多くのケアが必要です。

 

また利用者の家族のサポートやアドバイスも訪問看護の業務に含まれます。

訪問看護師の求人倍率は?

日本社会の高齢化により、ますます訪問看護師の需要は高まっています。

 

たとえば、日本看護協会が2019年に公表した資料によると、看護職の中でも訪問看護ステーションのニューズが高く、求人倍率は3.78倍でした。

 

今後もしばらく訪問看護師は必要とされるでしょう。

 

訪問看護師の求人は看護師転職サイトに多く掲載されています。